幸せを運ぶ呪文

-呪文-

呪文についてのお問い合わせが多いですので明記しておきます。

呪文とおまじないを混合される方々も多いですが、呪文とおまじないの性質は全く異なります。

呪文とは呪術的な効果を得るために使用される言葉です。

多くは定式化されておりますので、期待する効果に応じて使い分ける言葉となります。

言葉に神秘性を強めることにより効力を高めると考えられ古語や意味不明な語句を用いる場合も多いです。

呪術の要素には言葉、行為、道具が必要となりますので呪文とは言葉の部分と考えるのが良いでしょう。

言葉は呪文、行為は呪法、道具は呪具となります。

個々を単独で使用するか、組み合わせにより使用するか、また、何を重視するかにより世界各地で文化の違いが考慮され発達の経緯も変わってきました。

日本では童謡の歌詞など呪文の原型説も根強く残っております。

有名な呪文を何点か上げておきます。

-恋愛に関する呪文-

恋愛成就-おんまけいしばらやそわか~なうまくさまんだぼだなんいしゃなやそわか

~の部分に好きなお相手の名前。

願望成就-バローアリエーネルコールピウリータ

月夜に唱え、その後、願望を唱える・・5日間連続。

告白を叶える-マダハムケラ

告白を行う日、新しい靴、または洗いたての靴を履いて玄関で3回唱える。

-成功を齎す呪文-

何か物事を始める前、決める前に自分の名前を3回唱えるてから

目標、目的を唱える。

-呪文とは-

呪文には隠された大宇宙の法則があります。

言霊として独立する魂の分身とも言えるかもしれません。

大宇宙の法則を集約した言葉の法則を司る呪文とは、自らの潜在意識を高め願望の成就を試みることが出来る言葉の集合体と解釈しても良いでしょう。

その反面、言葉が持つ特有の性質、

言葉とは自分自身にも、また、自身に関わる、関わらずに関係なく第三者を暖かく包むこともあれば傷つける刃物ともなります。

諸刃の剣の性質を持つ呪文を唱えるときはある程度の注意は必要と言えるでしょう。

呪文に対して違和感を感じる様であれば、それは使ってはならない時期なのかもしれません。

神秘な力を秘めた呪文は自分を傷つける諸刃の剣とも言えます。

ご使用の際は、心身ともに健全な時が良いでしょう、ご自身が弱っているときは、あまりお勧めは出来ませんので体調やお心の状態を鑑みながら呪文を唱えるのが良いでしょう。

幸せを呼ぶ白魔術
[PR]
by happy-d7 | 2012-06-08 21:04 | 占い・呪文・おまじない
<< 魔術の世界 コックリさん >>